駐車場を「格安」で予約ができるオンラインコインパーキング予約サイト【akippa】

【徹底解説】自動車保険とは?- 自動車保険の基礎知識 –

自動車保険はドライバーの心強い味方

移動手段として、自動車は今や多くの人にとって欠かせないものとなっています。

とても便利な乗り物ですが、車の運転には多くの危険が伴います。

どんなに安全運転をしていても、事故に遭う可能性はゼロではありません。

もし事故を起こしてしまったら、命の危険があるだけでなく、場合によっては多額の賠償金を支払わなければならないこともあります。そんなとき、ドライバーの心強い味方となるのが「自動車保険」です。

自動車保険とは

自動車保険とは、自動車に関する損害が発生した場合に、発生した損害を保険会社が補償する保険です。自動車保険には種類があり、その種類によって補償内容が異なります。

自動車に関する保険を分類すると、「自賠責保険」と「自動車保険」の2つに分類されます。

自賠責保険と自動車保険の大きな違いは、自賠責保険への加入が義務付けられているかどうかと、補償の範囲です。

自賠責保険は「自動車損害賠償保障法」に基づく保険で、自動車を購入する際に必ず加入しなければならないため「強制保険」とも呼ばれています。

運転中の事故で損害を受けた人の救済を目的としており、最低限の補償を約束するものです。

一方、自動車保険は任意保険であり、自賠責保険だけではカバーしきれない幅広い損害に対応することができます。加入の義務がないため、強制保険に対して「任意保険」と呼ばれることもあります。

保険会社やプランによって補償内容が異なるため、加入者は自分に必要な補償を選ぶことができます。

自動車保険の「基本補償」7分類

自動車保険の補償の基本となる「基本補償」は、7つに分類されています。

事故の相手方や相手の車、物に対する補償は「対人賠償保険」「対物賠償保険」、被保険者や同乗者に対する補償は「人身傷害補償保険」「搭乗者傷害保険」「自損事故保険」「無保険車傷害保険」、自家用車に対する補償は「車両保険」に分けられます。

自動車保険の多くは、この7種類の基本補償をベースに、必要に応じて補償内容を追加・削減することが可能です。

また、自動車保険には、7つの基本補償のほかに、保険会社独自の補償や特約があります。

そのため、いざ自動車保険を選ぼうとすると、どのような補償があるのか、どの保険会社と契約すればいいのか、迷ってしまうかもしれません。

人によって必要な自動車保険は異なり、加入者や車の使用状況によって適切な保険は異なりますので、求める条件をきちんと自身で決めておく必要があります。

自動車保険の契約先にお悩みの方

自動車保険の契約を検討している方へ、複数社一括で自動車保険の見積もりができる便利なサービスがありますので、気になる方は以下から先ずは見積もりをご依頼ください。

自分に合った一番安い自動車保険が分かる!インズウェブ

自動車保険を選ぶときのポイント

自動車保険を選ぶときのポイントは以下のポイントです。

  1. 対人・対物賠償責任保険の補償額で選ぶ
  2. 同乗者補償
  3. 車両保険の補償内容から選ぶ

上記は最も一般的な理由です。

対人・対物賠償責任保険の補償額で選ぶ

対人・対物賠償責任保険の補償額について詳しくお伝えします。

対人賠償額について

被害者1名に対して1,000万円から2億円までは1,000万円の整数倍の金額で設定できます。

よく対人賠償額の設定にお悩みになる方がいますが、間違いなく対人賠償額については「無制限」を設定しておくことをおすすめします。

というのも、過去の裁判の事例として交通事故で相手を死亡させてしまったり重度の後遺障害を負わせてしまった場合に1億円以上の請求がされることもあったためです。

安心を得るために入る保険ですから、最も不安に感じるリスクに対して手厚い補償を設定しておくことが望ましいため、対人賠償額は「無制限」に設定しておきましょう。

対物賠償額について

対物賠償と聞くと、事故を起こした際に相手方の自動車の修理を必要とした際の対応として請求される金額を想像する方が多いと思います。

通常の事故であれば、相手方のみなのですが、例えば事故を起こした場所が線路の上で電車を停めてしまった場合、高額な賠償が予想されます。

この時に対物賠償額を、事故を起こした際の自動車の修理のみを想定した金額に設定していた場合、万が一の備えとしては不十分な補償額となってしまうため、対物賠償額も「無制限」に設定することをおすすめします。

同乗者補償

自動車保険で同乗者に対する補償にはどのようなものがあるかご紹介いたします。

「同乗者」というのは補償の対象となる自動車に乗っている「運転手以外の人」を指しており、自動車保険の説明によくある「搭乗者」は同乗者だけでなく運転手も含んだ、車に乗っている人全てを指します。

車両保険の補償内容から選ぶ

車両保険の補償内容は様々なものがあります。

自動車保険のサービスによって提供される補償内容に差異があるため、複数のサービスで比較・検討することをおすすめします。

自動車保険の加入方法

自動車保険には、”2つの加入方法 “があります。

それは、”代理店型 “と “ダイレクト型 “です。

代理店型は対面型とも呼ばれ、代理店を通して自動車保険に加入する方法です。

ダイレクト型は、通販型やネット型とも呼ばれ、インターネット上の申し込みで保険会社と直接契約する方法です。

代理店型とダイレクト型では、補償内容や保険料の決定方法が異なります。

代理店型は、自動車保険の知識がなくても担当者と相談しながら補償内容を決めることができますが、人件費がかかるため、一般的に保険料が高くなる傾向があります。

ダイレクト型は、自分で補償内容を決める必要がありますが、その分時間が短縮でき、保険料も安くなります。

まとめ

ここまで自動車保険の基礎知識についてご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?

自動車保険は複雑なため、どうしてもきちんと理解して契約している方が少ないと思います。

ただ、適切な補償内容を設定することで年間の費用が数万円の節約効果があるため、自動車に乗り続けていきたい方は、基本的な知識だけは身につけておくことをおすすめします。

自動車保険の契約先にお悩みの方

自動車保険の契約を検討している方へ、補償内容などの条件はサービスによって異なるため、先ずは複数社保険会社に見積もりを取ることをおすすめします。

複数社ご自身で見積もりを依頼するのも良いかと思いますが、一括で見積もりができる便利なサービスがありますので、気になる方は以下から見積もりをご依頼ください。

自分に合った一番安い自動車保険が分かる!インズウェブ

 

自動車の購入を検討されている方におすすめ

自動車の購入を少しでも検討されている方に非常に便利なサービスがあるのでご紹介です。

パー王では、オンラインでの見積もりをわざわざディーラーに行かなくても自宅でできる「MOTA 新車見積もり」での見積もりをおすすめしています。

MOTA新車見積もりは…

1.自宅で簡単に見積もりができる!

2.希望しない訪問は一切なし!

3.メールで価格交渉が可能!

という点が特徴で、自宅にいながら簡単に見積もり、金額交渉ができるという見積もり依頼の煩わしさを払拭したサービスです。

今乗っている自動車の乗り換え、新車購入をご検討の方はディーラーに行かずに「MOTA新車見積もり」の利用をご検討ください。

欲しいクルマの価格が自宅で分かる MOTA新車見積もりはこちら!

オンラインで月極駐車場を探すのにオススメ!

不動産業者に電話で問い合わせて、訪問して、契約書にサインしてという面倒な手続きはもう必要無いってご存知ですか??

月極駐車場を探すのもオンラインで探せる便利な時代になっていて、何と不動産管理会社への訪問も不要!契約まで全てオンラインで完結できる便利なサービスが「ParkDirect」というサービスです!

駐車場に関するTipsなど得する情報を提供する「パー王」ではParkDirectでの月極駐車場探しをオススメします!

月極駐車場のオンライン検索【ParkDirect】はこちら

そして、探し方の利便性だけでなく、周辺の月極駐車場よりも安く借りたいという方へオススメのサービスは「PMCマンスリーパーキング」です!

周辺相場より安い月極駐車場多数【PMCマンスリーパーキング】はこちら

また、外出先で駐車場を確保したい方は全国の空きスペースを駐車場として利用できる「akippa」がオススメです!

外出先の駐車場を探すなら【akippa(あきっぱ)】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。