駐車場を「格安」で予約ができるオンラインコインパーキング予約サイト【akippa】

【月極駐車場】月極駐車場の審査にかかる時間や注意点について

月極駐車場の審査はどんな審査?

審査内容は?

月極駐車場を借りるにも審査がある場合もあります。どんな審査があるのかみていきましょう。

審査内容は貸主であるオーナーの視点で考えるとよいでしょう。自分が経営する月極駐車場を借りたいという人がきたとします。オーナーとしてはどのようなことを考えるでしょうか。おそらく、きちんと長く借りて毎月駐車場代を払ってくれるのか、どこに住んでいるのか、何の目的で月極駐車場を借りるのか、といったことを聞きたくなるはずです。

基本は「毎月の支払い」が遅れないかが審査の基準

これらのうち、駐車場代については、敷金を取ることで1カ月程度の未払いは対処できます。それでも払ってくれなければ解約すればよいのです。住所については免許証で確認できます。月極駐車場を借りるのは近所に住んでいる、最寄り駅がある、勤務先があるなどがほとんどです。目的は車を停めることですが、一部では車庫飛ばしといって車庫証明だけが目的の人もいます。これを容認すると警察からも指導が入るため、オーナーは目的には敏感なのです。

審査はオーナーの借りる人に対しての疑問

つまり、月極駐車場の審査とは、結局はオーナーとして借りる人に対しての疑問なのです。これらのことにきちんと答えることができれば、月極駐車場を借りる際に審査があったとしても、合格できるでしょう。

月極駐車場の契約に審査はある…?駐車場の契約で絶対やってはいけないことは?

駐車場を借りるのに審査はある?

まちを歩けば「月極駐車場」の看板を見かけることがあります。この、月極駐車場を借りるには審査があるのでしょうか。これはその月極駐車場によって異なるのが現状です。たとえ審査があったとしても、融資を受ける際の審査のような厳格なものではありません。借りるのが誰でどんな目的で借りるのか、などを確認する程度です。個人が経営しているような月極駐車場では審査自体がない場合があります。その場合は電話などで申し込みを行い、必要書類を提出すると駐車場を借りることが可能です。

「車庫飛ばし」は絶対ダメ!

月極駐車場で警戒されるのは車庫飛ばしです。車庫飛ばしとは、車庫証明だけを取得するために短期間だけ月極駐車場を借りて、車庫証明を手に入れたら解約してしまう行為をいいます。短期間で解約されることをオーナーは嫌いますし、何より車庫飛ばしが判明すると警察からも指導されてしまいます。このため、車庫証明が必要かどうかを申し込み時に確認することが審査項目のひとつといえるでしょう。

以上のように、月極駐車場の審査は駐車場ごとに異なるものの、厳格な審査はないことが多いのです。

月極駐車場の審査基準はどんな基準?

月極駐車場の審査基準は?

月極駐車場を借りる場合、そもそも審査があるのか考えていきます。まず、日本全国で通用するような統一した審査基準は存在しません。月極駐車場の経営主体は千差万別。大企業がオーナーの場合もあれば、個人が貸している場合もあります。このため、そもそも審査そのものがなく、手続きさえ終了すればすぐに借りられる月極駐車場もあるくらいです。

審査の厳しさは?

一方、企業がオーナーだと審査基準がある場合もあります。その場合でもほとんどが申込書の記載事項や提出書類の審査です。申込書の記載事項は住所氏名、勤務先や駐車の目的などに加え、緊急連絡先や保証人などになります。審査は面接などもありませんし、金融機関から融資を受ける際の審査のように厳しいものでもありません。

審査基準は「常識」がある人かどうか

月極駐車場のオーナーからすると、利用者は長く借りてくれて、きちんと駐車場代を毎月支払ってくれればよいのです。あとはトラブルを起こさなければ言うことはありません。審査基準もこれらに沿ったものがほとんどなので、もし審査があったとしてもリラックスして臨みましょう。

月極駐車場の審査は厳しい?審査落ちの原因は?

月極駐車場の審査

月極駐車場を申し込んだのに、断られてしまった。一般に月極駐車場の審査は厳しいものではありません。それでも落ちてしまったのは、何らかの原因があるからです。月極駐車場の審査に落ちる原因を考えてみましょう。

月極駐車場の審査に落ちる原因

まずは借りる期間です。オーナーとしては月極駐車場を長く借りてほしいと思っています。そこへ1カ月だけ、3カ月だけ、といった短期間の借り入れでは審査に落ちてしまう可能性があるのです。

期間とあわせて目的が審査に落ちる原因となることもあります。それは車庫証明の場合です。車庫証明の取得だけを目的に月極駐車場を借り、その後短期間で解約することを「車庫飛ばし」といいます。この車庫飛ばしは警察も目を光らせているのです。車庫証明も取り、短期間しか借りないとなると、車庫飛ばしを疑われている可能性もあります。

このほかの理由としては、オーナーが近々月極駐車場をやめるといったオーナー側の理由も考えられます。

審査に落ちてしまっても諦めないで!

月極駐車場の審査は決して厳しいものではありません。もし審査に落ちてしまった場合はオーナーにその理由を聞き、そこを直せば審査に通る可能性もあります。一度であきらめずに再度チャレンジしてみましょう。

月極駐車場の契約に必要な書類をサクッとご紹介

月極駐車場の契約に必要な書類は以下のとおりです。

1.申込書

2.車検証の写し

3.運転免許証の写し

4.通帳またはクレジットカード、口座振替依頼書

ひとつずつみていきましょう。

申込書

申込書とは駐車場契約の申込書です。借りる人の住所、氏名、駐車する車のナンバー、緊急連絡先といった事項を記載します。申込書ではなく、契約書の形式を取ることもあります。印鑑を要求されることもあるので準備しておくとよいでしょう。

車検証の写し

車検証の写しはどんな自動車を駐車するのかを確認するために必要です。車検証には自動車のサイズが記載されているので、駐車場の枠内に収まるか確認するためにも使います。

運転免許証の写し

運転免許証の写しを提出するのは、運転できるのかを確認するよりも身分証明書としての意味合いが強いでしょう。住所や氏名に不備がないかを確認するために必要です。

通帳またはクレジットカード、口座振替依頼書

通帳またはクレジットカード、口座振替依頼書などはお金のやり取りに必要な書類です。毎月自分で振り込む場合には特に契約時には必要ありません。口座振替やクレジットカードでの引き落としをする場合には、口座番号やカードの情報が必要になります。印鑑も必要です。

以上、一般的な書類をあげてみました。契約する月極駐車場によって若干異なりますので、貸主であるオーナーや仲介の不動産会社に確認してみましょう。

 

月極駐車場の契約に掛かる初期費用は?

アパートやマンションを借りるときには、敷金や仲介手数料がかかります。では月極駐車場はどんな初期費用がいるのか、あまり情報が入ってきません。やはり、敷金などは月極駐車場でも必要になります。このほかにも必要な費用があるのです。

駐車場を借りる際にも敷金が必要

月極駐車場を借りる際には、まずは敷金が必要です。これは月額駐車場料金の1カ月から3カ月程度がボリュームゾーンとなります。この他、月の途中から借りる場合には、月額の駐車場料金を日割りした料金が必要です。

仲介手数料が必要な場合もある

このほか、仲介手数料が必要な場合もあります。オーナーに直接申し込みをすれば仲介手数料はかかりません。ですが、不動産会社を介して駐車場を探してもらう場合には、仲介手数料が発生します。

事務手数料は月極駐車場の契約独特の文化

月極駐車場で独特な費用は事務手数料です。これはオーナーから請求されることがあります。特に車庫証明を申請する場合には、車庫証明用の事務手数料が取られることもあるのです。

地域や月極駐車場によって異なるものの、月極駐車場を借りようとすると駐車場料金の3ヶ月から5カ月分程度の初期費用がかかります。

利用開始までにどれくらい時間がかかるの?

月極駐車場を契約したら、できれば早く使い始めたいものです。ただ、いつから利用できるかは月極駐車場ごとに違いがあります。また、同じ月極駐車場であっても前利用者の都合やオーナーの都合で変わることもあるのです。

まず、もっとも早いケースだと、契約してから1週間程度で利用可能になります。月極駐車場のオーナーが個人だと早い傾向になり、法人所有や管理会社が介在していると遅くなる傾向です。

個人のオーナーが自主管理している駐車場は早く、多くの人がかかわっている駐車場はどうしても時間がかかります。

月極駐車場の場合、前利用者が解約を申し出てから募集を開始します。

解約の申し出は1カ月前が多いようです。このため、自分が借りようとする駐車場に車が停まっていなかったとしても、すぐに利用できないこともあります。これはまだ前利用者の契約期間が残っているからです。このようなケースだと、その契約期間が終了するまでは利用することができません。

さまざまな理由によって、月極駐車場を契約してから利用まではある程度の時間がかかります。

時間に余裕をもって契約するようにしましょう。

まとめ

月極駐車場の審査はお金を借りる時のように保証会社を通じて審査をするような厳しい審査ではありませんが、オーナーの方が「この人になら貸しても大丈夫」と思える方かどうかという「常識」がある人かどうかが審査の基準になります。

曖昧な審査基準に感じる方もいるかもしれませんが、申込書や不動産屋さんへ伺った際の社員の方とのコミュニケーションなどに不安感を感じさせてしまうようなことがあると借りられないこともあるかもしれないので、大切な土地をオーナーからお借りして車を停めることになるのでオーナーに「面接」に望む気持ちで接しましょう。

 

自動車の購入を検討されている方におすすめ

自動車の購入を少しでも検討されている方に非常に便利なサービスがあるのでご紹介です。

パー王では、オンラインでの見積もりをわざわざディーラーに行かなくても自宅でできる「MOTA 新車見積もり」での見積もりをおすすめしています。

MOTA新車見積もりは…

1.自宅で簡単に見積もりができる!

2.希望しない訪問は一切なし!

3.メールで価格交渉が可能!

という点が特徴で、自宅にいながら簡単に見積もり、金額交渉ができるという見積もり依頼の煩わしさを払拭したサービスです。

今乗っている自動車の乗り換え、新車購入をご検討の方はディーラーに行かずに「MOTA新車見積もり」の利用をご検討ください。

欲しいクルマの価格が自宅で分かる MOTA新車見積もりはこちら!

オンラインで月極駐車場を探すのにオススメ!

不動産業者に電話で問い合わせて、訪問して、契約書にサインしてという面倒な手続きはもう必要無いってご存知ですか??

月極駐車場を探すのもオンラインで探せる便利な時代になっていて、何と不動産管理会社への訪問も不要!契約まで全てオンラインで完結できる便利なサービスが「ParkDirect」というサービスです!

駐車場に関するTipsなど得する情報を提供する「パー王」ではParkDirectでの月極駐車場探しをオススメします!

月極駐車場のオンライン検索【ParkDirect】はこちら

そして、探し方の利便性だけでなく、周辺の月極駐車場よりも安く借りたいという方へオススメのサービスは「PMCマンスリーパーキング」です!

周辺相場より安い月極駐車場多数【PMCマンスリーパーキング】はこちら

また、外出先で駐車場を確保したい方は全国の空きスペースを駐車場として利用できる「akippa」がオススメです!

外出先の駐車場を探すなら【akippa(あきっぱ)】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。