駐車場を「格安」で予約ができるオンラインコインパーキング予約サイト【akippa】

【月極駐車場】月極駐車場の初期費用はいくらかかる?内訳や支払うタイミングは?

月極駐車場の契約に掛かる初期費用は?

アパートやマンションを借りるときには、敷金や仲介手数料がかかります。では月極駐車場はどんな初期費用がいるのか、あまり情報が入ってきません。やはり、敷金などは月極駐車場でも必要になります。このほかにも必要な費用があるのです。

駐車場を借りる際にも敷金が必要

月極駐車場を借りる際には、まずは敷金が必要です。これは月額駐車場料金の1カ月から3カ月程度がボリュームゾーンとなります。この他、月の途中から借りる場合には、月額の駐車場料金を日割りした料金が必要です。

仲介手数料が必要な場合もある

このほか、仲介手数料が必要な場合もあります。オーナーに直接申し込みをすれば仲介手数料はかかりません。ですが、不動産会社を介して駐車場を探してもらう場合には、仲介手数料が発生します。

事務手数料は月極駐車場の契約独特の文化

月極駐車場で独特な費用は事務手数料です。これはオーナーから請求されることがあります。特に車庫証明を申請する場合には、車庫証明用の事務手数料が取られることもあるのです。

地域や月極駐車場によって異なるものの、月極駐車場を借りようとすると駐車場料金の3ヶ月から5カ月分程度の初期費用がかかります。

 

月極駐車場を契約する場合は初期費用がかかる

月極駐車場の契約は、家を借りるときの賃貸契約と同じように初期費用が発生します。

この初期費用の相場は賃料の3~4ヶ月程度といわれており、賃料が高くなればなるほど初期費用も高額になります。

初期費用の内訳を紹介

賃料の3~4ヶ月分かかってしまう初期費用。

内訳としては、まず賃料、敷金、礼金が挙げられます。

この中で礼金に関してはオーナーによって0円にしているところもあります。このようなところを選ぶことで、初期費用を抑えられるでしょう。

 

また、仲介会社を利用して月極駐車場を探す場合は、賃料の1ヶ月分が相場といわれる仲介手数料も発生します。

さらに、保証会社を利用するのなら保証委託料も支払う必要があります。

こちらも契約する月極駐車場の賃料に応じて変わる費用です。

この他にも、駐車場のシャッターを開け閉めするためのリモコン代が請求されることもあります。

 

基本的に、初期費用としてかかるものは、賃料をベースに計算されます。

賃料が高くなればなるほど初期費用も高額になると考えて問題ありません。

賃料が安いところを選ぶことで、初期費用を抑えて月極駐車場の契約ができるでしょう。

 

初期費用の内訳以外の費用がかかることもある

月極駐車場の契約には必ず初期費用が発生します。

事前に払う賃料や敷金・礼金、仲介会社に払う仲介手数料などが初期費用の代表的な項目です。

これ以外に保証会社を利用する場合は、保証委託料を支払わなければなりません。

 

この他に、住民票の写しのための費用など、この初期費用の内訳に記載されているもの以外の出費が必要になることもあります。

賃料や敷金・礼金、仲介手数料や保証委託料以外にもかかる費用があることを頭の中に入れておくようにして下さい。

 

契約をする前に事前にかかる費用について確認することでトラブルを避けられる

初期費用の内訳に記載があるもの以外にかかる費用は、契約の前段階で事前に聞いておくようにしましょう。

ここで聞いておかないと、契約後にトラブルに発展する可能性が出てきます。

 

契約をしてしまってからトラブルになると、面倒なやり取りをする必要になりますし、契約解除料などが発生する可能性もあります。

契約の前段階ならまだなんとでもなるので、初期費用の内訳以外に発生する費用については事前に聞いておくようにして下さい。

月極駐車場の初期費用は賃料の3~4ヶ月分が目安になる

月極駐車場の契約には初期費用が発生します。賃料、敷金、礼金がそれぞれ1ヶ月分かかり、合計3~4ヶ月程度が目安だといわれています。

場合によっては、敷金や礼金0円の月極駐車場もありますが、そこまで多くはありません。

賃料が1万円なら、初期費用の目安はおおよそ3~4万円になります。

仲介手数料や保証委託料がかかる場合もある

賃料や敷金・礼金だけではなく、仲介会社を利用して月極駐車場の契約をするのなら、仲介手数料も発生します。

この仲介手数料の相場も賃料の1ヶ月分が相場です。

また、保証会社を利用するのなら保証委託料も発生することになるので、初期費用が高額になる場合もあります。

初期費用を抑えたいなら

初期費用は賃料に比例するものです。

敷金や礼金、仲介手数料や保証委託料というのは、契約する対象の賃料をもとに計算されます。

初期費用を抑えたいのなら、この賃料を抑えることが大事です。

 

また、先程も紹介した通り、敷金と礼金なしで契約できる月極駐車場も存在します。

このようなところを選ぶことで大幅に初期費用を抑えることが可能です。

 

さらに、仲介会社を挟まないことで仲介手数料を払う必要もなくなります。

探す手間がかかってしまいますが初期費用を抑えたいのなら、自分で月極駐車場を見つけ、直接契約するのがおすすめです。

初期費用は契約日当日までに支払うのが一般的

月極駐車場の契約をする場合は、初期費用がかかります。

この初期費用は、基本的に契約日の当日までに支払うのが一般的です。

この契約日までに時間に余裕を持って支払うようにしましょう。

 

銀行振込で初期費用を支払うのなら、場合によっては実際に振り込まれるのが翌日になってしまうこともあります。

期限ギリギリになって振込をするのではなく、時間に余裕を持って行うようにしましょう。

そのオーナーによって支払いのタイミングが異なることも

初期費用は契約日の前までに支払うというのが一般的です。

しかし、そのオーナーによって支払いのタイミングが異なることもあります。

 

審査が終わったらすぐに支払いを求めてくるオーナーもいます。

「初期費用をいつまでに払えばいいのか?」という部分は事前に必ずチェックをしておくようにしましょう。

 

初期費用はその契約で一番始めに支払うお金です。

この支払いが遅れてしまうと、オーナーから悪い印象を持たれてしまいます。このような不動産の貸し借りは信頼関係が大切です。

悪い印象を持たれないためにも、指定された期日までに必ず初期費用を支払うようにして下さい。

 

自動車の購入を検討されている方におすすめ

自動車の購入を少しでも検討されている方に非常に便利なサービスがあるのでご紹介です。

パー王では、オンラインでの見積もりをわざわざディーラーに行かなくても自宅でできる「MOTA 新車見積もり」での見積もりをおすすめしています。

MOTA新車見積もりは…

1.自宅で簡単に見積もりができる!

2.希望しない訪問は一切なし!

3.メールで価格交渉が可能!

という点が特徴で、自宅にいながら簡単に見積もり、金額交渉ができるという見積もり依頼の煩わしさを払拭したサービスです。

今乗っている自動車の乗り換え、新車購入をご検討の方はディーラーに行かずに「MOTA新車見積もり」の利用をご検討ください。

欲しいクルマの価格が自宅で分かる MOTA新車見積もりはこちら!

オンラインで月極駐車場を探すのにオススメ!

不動産業者に電話で問い合わせて、訪問して、契約書にサインしてという面倒な手続きはもう必要無いってご存知ですか??

月極駐車場を探すのもオンラインで探せる便利な時代になっていて、何と不動産管理会社への訪問も不要!契約まで全てオンラインで完結できる便利なサービスが「ParkDirect」というサービスです!

駐車場に関するTipsなど得する情報を提供する「パー王」ではParkDirectでの月極駐車場探しをオススメします!

月極駐車場のオンライン検索【ParkDirect】はこちら

そして、探し方の利便性だけでなく、周辺の月極駐車場よりも安く借りたいという方へオススメのサービスは「PMCマンスリーパーキング」です!

周辺相場より安い月極駐車場多数【PMCマンスリーパーキング】はこちら

また、外出先で駐車場を確保したい方は全国の空きスペースを駐車場として利用できる「akippa」がオススメです!

外出先の駐車場を探すなら【akippa(あきっぱ)】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。