【PR】1日定額でクルマの出し入れ可能!駐車場予約なら【タイムズのB】

月極駐車場の審査とは?審査内容と落ちてしまう理由をご紹介します

月極駐車場の審査について

月極駐車場は都市部を中心に需要が増しており、多くの人々が利用しています。

しかし、契約をする際には一定の審査が必要となります。

この審査は、駐車場の安全や管理を確保するために非常に重要です。

本記事では、月極駐車場の審査の概要や、却下される可能性のある理由について特に詳しく解説します。

1. 月極駐車場の審査とは?

月極駐車場の契約を申し込む際に、申請者の信用情報や車両情報などが審査されるプロセスのことを指します。

この審査は、駐車場のトラブルを予防するため、また、契約者が安心して駐車場を利用できる環境を保つために行われます​。

2. 審査で必要な書類

  • 免許証のコピー
  • 車検証のコピー
  • 住民票(一部の場合)
  • 印鑑証明書のコピー(一部の場合)​​

審査で必要な書類は上記の通りです。

その他に管理会社独自の申込書でその月極駐車場を借りる理由などを記載して契約可能かの審査が行われます。

3. 審査の期間

一般的には、審査は1〜2週間程度かかることが多いです。

しかし、必要な書類の提出状況や駐車場の管理会社の審査基準によって、この期間は変わることもあります​。

4. 審査で却下される主な理由を徹底解説

​不安定な収入源

賃貸住宅を借りる場合と同様に月極駐車場の審査では、申請者の経済的安定性が評価されます。

「収入の不安定」とは、申請者の収入源が定期的でない、または収入の額が一定していない状態を指します。

このような収入の状況は、駐車場の使用料を定期的に支払う能力に疑念を持たれる可能性があります。

未成年者の場合の連帯保証人の不在

未成年者が月極駐車場を契約する際、一般的に連帯保証人の存在が求められます。

これは、未成年者が法的に契約の責任を全面的に負うことが難しいためです。

連帯保証人は、申請者が駐車料金の支払いを怠った場合や契約に違反した場合に、その責任を負う人物として位置づけられます。

未成年者には安定した収入源がない場合が多く、支払いのリスクが高まることから、連帯保証人が必要とされるのです。

連帯保証人が不在の場合、月極駐車場のオーナーや管理会社は、契約のリスクが高いと判断し、審査を通過することが難しくなることがあります。

したがって、未成年者がスムーズに月極駐車場を利用するためには、信頼性の高い連帯保証人を設定することが重要です。

ブラックリストへの掲載

ブラックリストとは、過去の支払い遅延やトラブル、契約違反などの行為により、信用情報機関や各業界団体によって「信用リスクが高い」と判断された個人や法人をリストアップしたものを指します。

月極駐車場の審査時に、申請者がこのブラックリストに掲載されていると、新たな契約の際に不利となる可能性が高まります。

駐車場のオーナーや管理会社は、過去のトラブルを避けるため、ブラックリストに掲載されている申請者に対して、契約を拒否することが一般的です。

車両の不正改造

車両の不正改造とは、法律や規則に違反して車を改造することを指します。

例えば、排気音を大きくするマフラーや、車高を過度に下げるなどの改造。

月極駐車場では、これらの不正改造車はトラブルの原因となるため、契約を拒否されることがあります。

契約理由の不適切さ​

月極駐車場の申し込みには、使用目的を明記する欄があります。

ここでの「恋人の家が近いから」や「料金が安いだけ」など、軽いまたは不適切な理由は、審査において不利となり、契約を拒否される原因となる可能性があります。

5. 月極駐車場の審査と賃貸住宅の審査の違い

月極駐車場の審査は、賃貸住宅の審査とは異なります。

賃貸住宅では、家賃の滞納が生じると、オーナーが契約を解除するのが難しいため、収入や信用情報の審査が厳しく行われることが多いです。

しかし、月極駐車場では、料金の滞納があった場合、管理者権限に基づき、オーナー側から簡単に契約解除を行うことができるため、収入面の審査はそこまで厳しくないことが多いです​。

6. まとめ

月極駐車場の審査は、賃貸物件の審査と比較して簡単な場合が多いですが、それでも一定の基準があります。

申し込む前に、これらの基準を理解しておくことで、スムーズに契約を進めることができるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です